ギフトマナー辞典。お中元・お歳暮など季節のギフトの贈り方ギフトマナー、選び方などのお役立ち情報をご紹介。
贈りたいものは心です 贈られた方が選べるフレーミアのカタログギフト

季節のギフト

フレーミアでは、世界のブランド品や便利な家庭用品、
グルメカタログなど45種類のカタログの中から、
ご予算に応じて自由にお選びいただけます。

メインイメージ

 【お中元・お歳暮】

お中元・お歳暮は日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈るものです。
相手が喪中の場合でもお贈りして差し支えありませんが、四十九日を過ぎていない場合は時期をずらして「暑中見舞」「寒中見舞」として贈るようにしましょう。

●お贈りする時期
お中元:首都圏   6月下旬〜7月15日頃まで
首都圏以外     7月上旬〜8月15日頃まで

●お歳暮:12月上旬 〜 12月25日頃まで

●掛け紙:熨斗あり 紅白5本蝶結び
<表書き> 「お中元」「お歳暮」
<名入れ> 「姓」もしくは「フルネーム」

●金 額:3000円〜5000円程度が一般的です。
毎年同じものを贈って季節を伝えるのも印象深くて良いでしょう。

●品 物:少人数の家庭には量より質の高いものを、子供がいる家庭には家族そろって楽しめるものをと、相手のことを考えて選ぶのがポイントです。生ものをお贈りするときは、遠慮なく相手へ連絡をして、都合を確かめた方がいいでしょう。