ギフトマナー辞典。仏事(弔事)引出物ギフト・返礼品の贈り方ギフトマナー、選び方などのお役立ち情報をご紹介。
贈りたいものは心です 贈られた方が選べるフレーミアのカタログギフト

弔事

フレーミアでは、世界のブランド品や便利な家庭用品、
グルメカタログなど45種類のカタログの中から、
ご予算に応じて自由にお選びいただけます。

メインイメージ

【香典返し】

<香典返しとは?>
葬儀・告別式で故人にお供えいただいたご厚志(お香典・玉串料・お供え等)に対して忌明け法要が無事終えた事をお伝えするとともに、感謝の気持ちをお伝えする返礼の品物のことを「香典返し」といいます。

<香典返しを贈る時期>
ご遺族が喪に服す期間の終わりである「忌明け」の法要後に贈るのが一般的です。
香典返しに添える御挨拶状・お礼状にも忌明け法要が無事終えた事をお伝えします。
タイミングとしては法要後一か月以内を目安にしますが、法要後すぐに贈られる方が多いようです。

香典返しを贈るタイミングは宗教よって様々です。
◎仏式 ・・・・ 亡くなられた日から49日目の「七七日忌」で忌明けとなり、法要を執り行います。四十九日の法要後に香典返しをします。
時期によっては35日目に繰り上げる場合もあります。その場合は35日目以降に香典返しをします。

◎神式 ・・・・ 神式では「霊祭」が仏教でいう法要にあたります。
「五十日祭」が忌明けになりますのでそれ以降に香典返しをします。

◎キリスト教式・・プロテスタントでは1か月後の召天記念日の後、カトリックでは30日目の追悼ミサが忌明けにあたります。 

●掛け紙:熨斗なし 地域性によって使用する掛け紙が異なります。
「黒白結び切り」:仏事全般
「黄白結び切り」:関西〜西日本

<表書き> 「志」:宗教や地域に関係なく使われます。
「偲び草」:神式・キリスト教式で使われます。
「満中陰志」:関西〜西日本、北陸地方で使われます。

<内のし・外のし>
内のし:商品に掛け紙をしてから包装する(配送する場合)
外のし:商品を包装してから掛け紙をする(持参する場合)

●金 額:いただいたご厚志(お香典・玉串料等)の「半分程度(半返し)」が一般的。
地域性の違いはありますが、基本的には半返しで考えて良いでしょう。
葬儀の際に【当日返し(*)】をしている場合は、その分を差し引いた形で香典返しをお贈りするようにしましょう。
(*)当日返し:葬儀当日に「一律の品物」を香典返しとして参列者にお渡しする方式(関東地方では主流)です。
主に2000円〜3000円の品物を用意する場合が多く、お香典の金額が5000円の分はそれで香典返しとします。
お香典の金額が多い方の分は、忌明け後に不足分をお贈りします。

●品 物:香典返しの品物は後に残らない食品や、すぐに使ってしまう日用品などのいわゆる「消えもの」が良いとされています。(お茶・調味料・タオル・洗剤等)
相手に選んでいただくカタログギフトも人気です。

●香典返しをしないケース
_饉劼侶陳さ定でいただいた香典
名義が会社名であれば、慶弔規定により「福利厚生」として扱われている
弔電のみの場合や、お悔やみのお手紙のみをいただいた場合
8凌佑琉篁屐△發靴は遺族の意思で「寄付」をする場合(礼状等でお知らせ要)
す疆喫屬靴鮗退された場合